許可基準

「許可」と「承認」にはどんな違いがあるのでしょうか?

国土交通省のサイトを読んでいる中でもこの2つの単語はよく使われます。それぞれ対象となるものが違います。
「許可」は
1.人口集中地区の飛行
2.150メートル以上の高度の飛行
3.空港付近の飛行
が対象となっていて、①~③を飛行させる場合は国土交通大臣もしくは空港事務所長に許可を得る必要があります。
一方、「承認」は
①夜間の飛行
②目視外での飛行
③人及び物件との距離を30メートル離すことのできない飛行
④催し物付近の飛行
⑤危険物の輸送
⑥物件の投下
が対象となり、「承認」を得る必要があります。「許可」よりはゆるいです。

 

航空法に定められた飛行の空域や飛行方法に違反した場合、50万円以下の罰金を科せられる可能性があります。

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもドローンは飛ばせません!

ビジネス用のドローン飛行許可お申込み

個人用のドローン飛行許可お申込み

ドローン
ぜひ新日本総合事務所のドローン無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書作成サービスをご利用ください!

 

  • ドローン許可

    ドローン飛行許可の必要書類

    ドローン許可のながれ

    ドローンの飛行はどのくらい期間がかかるの?

    ドローンの許可に費用はいくらかかるのか?

    ビジネス成功クラブ

    ご利用者様のお声

    プライバシーポリシー

    新日本総合事務所概要

    無線航空機飛行のお役立ち情報

     

    ドローン飛行許可のよくある質問と回答

     

    ドローン飛行マニュアル

     

    セールス・ウェブサイト

     

     

     

     

     

     

     

     

     

PAGE TOP ↑